カテゴリー : 読んだ物

第六の大罪 伊集院大介の飽食を読んだ。

第六の大罪 伊集院大介の飽食 (講談社文庫)

第六の大罪 伊集院大介の飽食 (講談社文庫) [書籍]

著者栗本 薫

出版社講談社

出版日2008/11/14

商品カテゴリー文庫

ページ数264

ISBN406276198X

Supported by amazon Product Advertising API

故栗本薫先生の伊集院大介シリーズですね。
Kindle化されたというのを聞いたので。
古本で買えば100円くらいなんですけど、Kindleに入れられるなら定価でもいいやっと。
内容は食に関するちょっとした事件の短編集で、アシモフの黒後家蜘蛛の会とか好きなら。

伊集院大介の好きなところは変な正義とか振りかざしたりせずに
事件を自分だけの中に収めて警察に突き出したりしないところ。
短編集なのでサラッと移動中とかに一編づつ読めて楽しめました。

伊集院大介の冒険とかもKindle化されないかなー。待ってますよ。

キンドルでグインサーガいっぱい買ったった。

電子書籍版グインサーガが15日まで200円ということでkindleで購入
ちなみに今も大半が210円(税込)らしいので、まだまだお買い得みたいですよー。

一応グインサーガには時々区切りの良い巻があるんですが67巻まで一気買いしました。
ある意味グインの旅の目的の1つが終わったという巻ですよ。
とりあえず未読の方は、ここまで読めばいいと思います。
でも電子書籍だと表紙がモノクロでちょっと嫌ですねえ。
自分は原作は完読してるので、暇みてまた1巻から読んでいきたいです。

あ、あと公式のkindleカバーを教えてもらったんですが、
これ、マグネットでガチッと留まってしかも、閉じるとスリープ、開けると起動と
めっちゃいいですよ!7色くらいあって自分はハニーを買いました。

Amazon Kindle Paperwhite用レザーカバー、ミッドナイトブルー (Kindle Paperwhite専用)

Amazon Kindle Paperwhite用レザーカバー、ミッドナイトブルー (Kindle Paperwhite専用) [不明]

価格¥ 4,680

出版社Amazon

商品カテゴリー付属品

特徴Kindle Paperwhite専用にAmazonが設計した最も薄く、最軽量の保護カバー, カバーのを開閉するだけで、端末が起動、スリープ, 前面をストラップで止めてなくても、端末をしっかり保護, 磁石で固定されるので、カバーが開く心配も不要, プレミアムな質感のレザーを使用したおしゃれなカバー

Supported by amazon Product Advertising API

ハリポタ最終巻読んだの巻。

なんとなく最終巻だけ放置してはや数年。
覚悟を決めてついに読んだよ。
昨日雪降って低気圧の体調悪化があったので
夕方くらいから一気読み(次の日の5時までかかった…)

以下盛大にネタバレ

続きを読む

恥知らずのパープルヘイズ読みました。

恥知らずのパープルヘイズ -ジョジョの奇妙な冒険より-

結論から描くととてもよかった。あんまりアレコレ言うことはないです。
著者の上遠野 浩平さんはご本人も公言されている通りのJoJoファンで
本作もとても、原作へのリスペクトに溢れているものでした。
気になってる方は読む価値あります。
読後感もすがすがしいですよ!

以下微ネタばれ含む感想(5部読んでない人にとってのネタばれです)
続きを読む

「あの花」最終話観て、「スティールボールラン」におけるテーマの共通性とか考える。


あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

コンテみたさにポチってしまった……

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」最終話観ました。
普段、深夜アニメを見るときは仕事しながら観なのですが、
あの花はリビングに移動して、しっかりと観ました。

全話通して、とても素晴らしい話でしたね!
監督の方はまだ35とお若いらしいのに、力のある人だなと。

以下ネタばれを含むためたたみます。(SBRのネタばれもふくみます。)

続きを読む